動体視力トレーニング用パソコンソフト

"武者視行"ムシャシギョウ Ver.2 発売中!!
  修斗バンタム級
世界チャンピオン

マモル選手推薦
(修斗ジム横浜所属)

史上初 フェザー級・
バンタム級2階級制覇

早稲田大学スポーツ科学部
小野沢 弘史教授 推薦

勝つための 目のトレーニング
武者視行(ムシャシギョウ)
動体視力トレーニングPCソフト
Ver.2

発売元:(株)アファン

Windows版/CD-ROM 1枚
\4,536(税込)
数量
トレーニングマニュアルDVD発売中! PCソフトと合わせてご利用ください。
上級ソフト、スポーツ脳を鍛える「脳速視力」も好評発売中!

◇Ver.1との違いは・・・
※この商品は従来の「武者視行・基礎編」のバージョンアップ版です。
以前は人形の有無によって、「格闘技」と「球技」に分かれていましたが、本バージョンでは初期設定により切り換えが可能となりましたので、ソフトは1種類となりました。基本的なトレーニング方法等は変わりませんが、「探索視」という新しい項目がプラスになっています。その他「各種設定」によりより多彩なカスタマイズが可能です。 Windows8対応。

スポーツは、目を鍛えることで確実に強くなれる。
しかしながらスポーツの現場ではトレーニングといえば、筋力や持久力のアップ、フォームの修正や戦術などに限られています。トレーニングに目を鍛えるメニューが含まれていないのが現状です。これは、「目のトレーニングが必要ない」のではなく、単にその「重要性と方法論が知られていなかった」に他なりません。

ただ一部のトップアスリートは本能的にそのことに気づき、自分なりの方法で密かに目を鍛えていました。そうしてライバルに差をつけることに成功しています。そうした強いアスリートへの賞賛の多くは「反射神経がいい」とか「判断が早い」という言葉であるのを思い出してください。

たとえば、ボクシングで「反射神経がよく防御が上手い」選手がいるとします。これを別の言葉に言い換えると「敵の体全体を広い視野で素早くとらえ画像として能に焼き付ける。脳はその画像情報を基に相手の次の攻撃を予測する。そして次にとるべき行動をいち早く筋肉に命令することができる」選手ということになります。

サッカーで例えれば、「視野が広く判断が早い」選手がいるとします。
これを言い換えると
「グランド全体を広角の視野で、瞬時に画像として脳に焼き付ける。脳はその画像を基にした敵味方のポジションなど情報を分析する。そして次にとるべき最善の方法をいち早く見つけることができる」選手ということになります。
このように、スポーツの試合では
見る→脳に画像を焼き付ける→分析→命令
というサイクルを短時間に何度も繰り返しているのです。

つまりスポーツにおける反射神経、視野の広さ、判断の早さはすべて目からの情報をいかに早く、多く正確に捉えて脳に送ることができるか、にかかっているのです。このような事実は海外のプロスポーツ界でも認知され始めています。もちろん日本でも徐々に浸透し始め、トレーニングに取り入れるトレーナーが着実に増えています。

あきらめるのはまだ早い! 動体視力はPCでトレーニングできる!
試合に勝つために、ライバルに差をつけるために。自宅で毎日15分だけファイティングビジョン 武者視行(ムシャシギョウ)に時間を割いてください。
「武者視行」(ムシャシギョウ)は、スポーツに必要な5種類の動体視力を効果的にトレーニングできるように開発されたパソコン用ソフトです。
このソフトで「周辺視」「跳躍視」「瞬間視」「追従視」「探索視」の5つのトレーニングができます。プレイヤーは各画面の動体を見つめ、その変化に素早く反応して、パソコンのキーかマウスを操作するだけで、簡単に動体視力を鍛えることができます。
パソコンだから一人で自宅で手軽にトレーニングできます。操作は簡単!
シンプルだからダイレクトに効きます。

■周辺視 −視野を広げる!
中心を見据えたまま、周辺に一斉に表示される●の中か一つだけ変形した異物▲■★を見つけ出して、素早くそのエリアをマウスでクリックまたはテンキーで回答しよう。 有効視野を広げ、周囲の状況を全体的に広く見渡すトレーニングだ
■死角チェック −弱点を的確に把握!
周辺視野テストの結果、あなたの見えていない場所(死角ポイント)がわかる!
ここで弱点を把握できれば実戦での対策がうてる!
※網膜剥離、緑内障など視野が欠ける目の損傷でない限り、当トレーニングで中心を見る訓練を積めば、1〜2ヶ月で死角は改善できます。

■瞬間視 −脳の視覚認識力を高める!
6〜13個のボールが画面を動き回るので、その数を素早く把握し、該当する数字パネルをクリックして回答しよう!目の前の状況を素早く直感的に把握するためのトレーニングだ!
■跳躍視 (跳躍性眼球運動) −素早く視点を切り換える!
素早く点滅移動するボールの動きを眼で追いかけながら、●が■に変化したら左クリック。◆に変化したら右クリック。 に変化したら何もしないといように素早く状況を判断しよう。視点を素早く切り替えて、周囲の状況を素早くとらえるためのトレーニングだ!
■追従視 (追従性眼球運動) −動きを正確に目で追う!
素早く動き回るボールの動きを眼で追いかけながら、に変化したら左クリック。に変化したら右クリック。に変化したら何もしないといように素早く状況を判断しよう。動く物に視点を正確に追従させて、状況をしっかり見極めるトレーニングだ!
■探索視総合力を発揮し、状況を見極める!
中央の3つの図形と全く同じ図形を周辺から素早く探し出し、マウスでクリックして回答しよう。全て図形は同じ形で向きや色の配置が違うだけ。この紛らわしい微妙な違いを見分けなければならない。視野・眼球運動・瞬間記憶・空間認識力などを総合的に鍛えるトレーニングだ!
狙った獲物は逃さない集中力を高めよう!
より素早くキーを押すことで反射神経も鍛えましょう!

■イメージトレーニング −3分間の実戦イメージトレーニング
音声 ガイダンスに従って、動体視力トレーニングをスポーツや仕事、車の運転、日常生活など実戦の状況に結びつけるようイメージしていきます。

イメージトレーニング
■各種設定 −好みに合わせて自由に設定!
背景画面、BGM、動体の形、人物イメージマスクなどをお好みに合わせて自由に組み合わせて楽しむことができます。

■テスト記録 −科学的に自己分析!
自動的に各種テストのデータを記録し、履歴をグラフで見ることができます。レーザーチャートにより弱点も一目瞭然!
テスト記録

[メインメニュー] [トレーニングメニュー]

・さらに詳しい解説はPDF資料を、トレーニングの内容はこちらでご覧ください。
(画面のイメージは従来の格闘技編のものですので、最新版とは若干異なる場合がございます。)

 
動作環境
  OS:Windows2000/XP/Vista/7/8 (各32bit版) 日本語版
  CPU:Pentium 500MHz以上
  メモリ:128MB以上
  HDD:300MB以上の空き容量
  CD-ROMドライブ:8倍速以上
  モニタ解像度:1024×768ドット以上
  グラフィックスビデオRAM (VRAM):8MB以上
サウンドカード:DirectX ver8.1以上
本製品は、CD-ROMをパソコンにセットした状態でなければ起動しませんのでご注意下さい。
ノートパソコンで使用の場合は、別途テンキーを接続されることをお勧めします。


| ホーム | 店舗のご案内 | 通信販売のご案内 | バスケット |